まみのAKB48情報 by AKB48情報塾

AKBの様々な情報を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

AKB 大島優子「パニック女ですよね」

AKB 大島優子「パニック女ですよね」

AKB48の第2弾となるドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』の初日舞台あいさつが27日、東京・六本木のTOHOシネマズで行われ、前田敦子、大島優子、篠田麻里子、高橋みなみ、柏木由起、小嶋陽菜、板野友美らメンバー14人が出席した。

ドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』の初日舞台あいさつに出席したAKB48のメンバー14人と高橋栄樹監督 拡大画像を見る

同作は、2011年のグループの活動に密着し、舞台裏にもカメラが入るなど、"光"と"影"を映しだしたドキュメンタリーで、高橋は「2011年は、5つのシングルがミリオンヒットし、念願だったレコード大賞も受賞することができました。応援してくださったファンの皆さんのおかげです」とまずはグループを代表してあいさつ。初のドームコンサート「よっしゃぁ~いくぞぉ~! in西武ドーム」や「第3回AKB48選抜総選挙」における舞台裏のリアルな様子も収録されていることから、「『アイドルとしてはどうなの?』というシーンもありますが、これが飾りのないAKBの姿ということを知ってほしいです」と訴え、「『かわいそう』と思うのではなく、『頑張ろう!』という活力になってもらえたらうれしいです」と胸を張った。

前田と大島は、西武ドームでのコンサートで過呼吸になったことを振り返り、「あの時は、周りの支えてくれている人たちの大切さがこみ上げてきて、申し訳ない気持ちで過呼吸が止まらなかった。改めてがむしゃらだったんだなって思いましたね」と前田はしみじみ。大島は「ただのパニック女ですよね(笑)。見せたくない一面をお見せしてしまいました。あの時は、ただそこに立つしかない、行くしかないという気持ちでした」と当時の心境を明かした。

また、板野は「アンコールを迎えた時に2人が出てこれなくて、場を繋がなきゃいけなくなったんです。アドリブで皆さんを楽しませなきゃいけないし、(2人は)大丈夫かなと心配でしたし……。何があるかわからないのがAKBなので、これからはもっと切磋琢磨していこうと思いました」と改めて決意を示していた。

なお、この日は、宮沢佐江、高城亜樹、北原里英、峯岸みなみ、河西智美、横山由衣、岩田華怜も舞台あいさつに出席した。


-『マイナビニュース』より-

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/10/26(金) 14:12:30|
  2. AKB 大島優子 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ファン2万5,000人 AKB48念願の東京ドーム | ホーム | AKB48 前田敦子、成人式出席>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://apa190.blog.fc2.com/tb.php/88-f93ef79f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
田村まみ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。