六本木ヒルズのイルミネーション点灯式に登場した篠田麻里子さん
六本木ヒルズのイルミネーション点灯式に登場した篠田麻里子さん

 人気アイドルグループ「AKB48」の篠田麻里子さん(25)が8日、六本木ヒルズ(東京都港区)のクリスマスイルミネーション点灯式に,総額約7000万円というジュエリーを身にまとった薄ピンクのドレス姿で登場した。じゃんけん大会で優勝した篠田さんは、今度は冬の訪れを告げる「SNOW QUEEN」として、けやき坂通りに設置された雪のような白と青に輝くイルミネーションを点灯。その美しさに観客から歓声が上がる中、大役を果たした篠田さんは「毎年見ていたものなので、それが自分ができると聞いてテンションが上がってましたし、今日まで緊張してたので、無事終わって良かったです」とほっとした表情で語っていた。

 今年で9回目を迎える六本木ヒルズのクリスマス「Artelligent Christmas 2011」は、長さ約400メートルの六本木けやき坂をはじめ、六本木ヒルズの玄関口にある66プラザ、毛利庭園の3カ所がイルミネーションで彩られる冬の風物詩。けやき坂は昨年より電飾の数を増やし、通りのけやき65本と周辺に、けやき1本当たり約8000灯、全部で約52万灯の青と白に輝くLEDで装飾。66プラザには高さ約7メートルのクリスマスツリーを設置し、ツリー本体や周辺に約5万2000個のLEDを装飾。毛利庭園には、池の湖面に滝をモチーフにした高さ4メートル、幅7メートルのイルミネーションオブジェを浮かべ、約2万5000個のLEDで彩る。

 イルミネーションをよく見に行くという篠田さんは、誰と見に行きたいか聞かれ、「じゃあ、メンバーと。デートスポットとしても有名なのでカップルで見に来るのも幸せかなと思います」と苦笑いで答え、クリスマスの予定についても「毎年メンバーとパーティーを開いてたんですが、今年はスケジュール的にみんなバラバラなので、できるかどうか……」と語っていた。

 イベントで篠田さんは、1年後に届く自分へのメッセージを書いたクリスマスカードの朗読も行っていた。イルミネーションは12月25日まで、午後5~11時に点灯。

-『毎日新聞デジタル』より-