まみのAKB48情報 by AKB48情報塾

AKBの様々な情報を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

AKB48 ポスト篠田麻里子 光宗薫 脱退の仰天真相

AKB48 ポスト篠田麻里子 光宗薫 脱退の仰天真相

AKB48で「ポスト篠田麻里子」の最右翼といわれていた光宗薫(19)が、脱退を発表して騒動になっている。

 光宗は公式ブログで「以前から体調が優れず、万全の状態で皆さんの前に立つ事が難しくなり」と体調不良を強調。ただ、「今後も別の形で皆さんの前に立つ事が出来る様、まずは体調を万全に」と続けたから、「フツーの女のコ」になるわけではないようだ。

「オタク相手の握手会や地味なステージ活動に嫌気が差したのでしょう」というのはAKBに詳しいライター。

「AKBは“会いにいけるアイドル”というのがコンセプト。だから、総選挙下位のメンバーや研究生は地道な“営業活動”を課せられます。そうしたひたむきな姿勢がファンに共感され、選挙の順位にも反映される。ところが、ルックスが際立っていた光宗は“スーパー研究生”という肩書で、秋元康や運営スタッフが特別扱い。単独でグラビアデビューさせたり、映画やドラマの仕事をやらせたりした。本人も“AKBという団体に入ることを目標としているわけではない”と強気でしたが、純粋なAKBファンはビッグマウスを嫌う。結果、ソッポを向かれたのです」

 6月の総選挙では64位以内にも入れずまさかの圏外に。「さすがに本人もへこんでいました」(AKB関係者)

 AKBは“円満卒業”したエースの前田敦子でさえソロ活動は苦戦中。外界の空気は冷たそうだ。

(日刊ゲンダイ2012年10月25日掲載)


―『MSN』より―

スポンサーサイト
  1. 2012/10/29(月) 00:14:29|
  2. AKB 光宗 薫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[光宗薫]AKB48の活動を辞退 「迷惑をかけ自己嫌悪」

[光宗薫]AKB48の活動を辞退 「迷惑をかけ自己嫌悪」

8月から体調不良で休養していた人気アイドルグループ「AKB48」の光宗薫さんが、AKB48の活動を辞退することが24日、明らかになった。光宗さんは公式ブログにコメントを寄せ、「以前から体調が優れず、自分の思う万全の状態で皆さんの前に立つことが難しくなり、このままでは周りの方にご迷惑をかけてしまうことはもちろん、自分への負担も大きくなっていくのを感じ、辞退させていただくことを申し入れました」とつづっている。

 コメントで、光宗さんは「今の状態は、メンバーやスタッフのみなさんに心配をかけるばかりで、体調が万全ではない故に、結果としてかけてしまっているご迷惑に対して、自己嫌悪に陥ってしまうこともありました」と休養中の苦しい胸の内を明かしている。

 光宗さんは、「神戸コレクションモデルオーディション2011」でグランプリを獲得した後、AKB48の13期研究生となり、11年12月に劇場デビュー。12年2月にはCMに出演、その後もドラマに出演したり、13日に公開された映画「劇場版 私立バカレア高校」に出演、映画「女子カメラ」(11月24日から全国で順次公開)の主演に抜てきされたりしたことなどから“スーパー研究生”と呼ばれ注目されていた。11月からの新体制では、チームKへの昇格が決定していた。(毎日新聞デジタル)

 ◇公式ブログで発表された光宗さんのコメント全文。(原文まま)

今回突然ではありますが、AKB48を辞退させていただきます。

13期研究生として去年AKB48に加入し、今年の夏の組閣にて新チームKのメンバーの一員として活動してゆく事を予定していた今、何故辞退するのかと驚かれる方もいらっしゃるかと思います。

自分自身以前から体調が優れず、自分の思う万全の状態で皆さんの前に立つ事が難しくなり、このままでは周りの方にご迷惑をかけてしまう事は勿論、自分への負担も大きくなってゆくのを感じ、辞退させていただくことを申し入れました。

スタッフのみなさんからは、「まずはゆっくり体調を治してからでいいから」と励ましていただきましたが、だからこそ、体調を万全にするためにも、今はAKBの活動も辞めることが自分にとってはいいのではないか、と思いました。

今の状態は、メンバーやスタッフのみなさんに心配をかけるばかりで、体調が万全ではない故に、結果としてかけてしまっているご迷惑に対して、自己嫌悪に陥ってしまうこともありました。

この結論を出すに至るまでは、スタッフさんと何度もメールでのやりとりで相談を重ねてきましたが、最終的には自分の意見を尊重していただきました。

今、このご報告をすることで、ファンの方に限らずメンバーの皆さん、支えて下さっている皆さんに悲しい思いや改めて、ご迷惑をかけてしまっているかと思います。申し訳ありません。

ですが、AKBのメンバーでなくなってしまったとしても、今後も別の形で皆さんの前に立つ事が出来る様、まずは体調を万全にしてベストコンディションになれるよう養生しますので、それまで待っていていただけると心から嬉しく思います。

加入してからの10ヵ月間、決して長くはない期間ですが、学びきれない程沢山の経験をさせていただきました。

沢山の人を常に間近に感じ過ごしてゆけた事を誇りに思います。

私を仲間に入れて下さって、本当にありがとうございました。またいつか必ずどこかでお目にかかれますように。

光宗薫

-『マイナビニュース』より-

  1. 2012/10/27(土) 13:47:50|
  2. AKB 光宗 薫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[AKB48・光宗薫] スーパー研究生  映画初主演

[AKB48・光宗薫] スーパー研究生  映画初主演

アイドルグループ「AKB48」研究生の光宗薫さんが映画「女子カメラ」(向井宗監督)で初主演を務めていることが9日、東京都内で開催された同映画の完成披露記者発表会で明らかになった。研究生にもかかわらずドラマやCMに出演したり主演に抜てきされたりすることなどから“スーパー研究生”と呼ばれることに関し光宗さんは「正直言って、(その呼び方は)高い壁になっているので払拭(ふっしょく)したい。自分自身の力で超えたい」と声を詰まらせながら成長を誓った。

 映画初主演のオファーを受けたとき光宗さんは「最初にこういう話をいただくって話題性が一番にくるんだろうなと感じていた。その中で、いかに、いい意味で期待を裏切れるか。ダンスと違って練習や数をこなせばうまくなるものでもない」と正直な胸の内を明かした。実際にやってみて「得るものは、気持ちの面でもすごく大きかった。私の役はどこにでもいる大学生で今までの役は癖があったので、その分難しかったけれど、払拭できた気がします」と自信を見せていた。

 27日の公演を最後に同グループを卒業する前田敦子さんについて聞かれると、光宗さんは「これからAKBがどうなっていくか予想がつかない」と不安を語ったが、「何かしらの形で変わってくると思う。私もその変化を利用して、自分のやりたいことが回ってくる立場になりたい」と正規メンバー昇格へ意欲をみせた。

 映画は、写真サークルに所属する女子大生4人組の友情と家族の絆を描くハートフルドラマで、旅行や日常シーンをさまざまな写真とともにつづるというストーリー。光宗さんのほか、ファッションモデルとして活躍する熊谷弥香さん、高山都さん、同映画が本格デビュー作となる園ゆきよさんなどが出演している。発表会では、映画のダイジェスト版が上映され、出演者が同映画について語った。映画は、11月24日、ヒューマントラストシネマ渋谷(東京都渋谷区)ほかで、全国順次公開予定。(毎日新聞デジタル)


-『マイナビニュース』より-

  1. 2012/10/26(金) 19:34:49|
  2. AKB 光宗 薫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AKB48研究生の光宗薫 AKBは単なる通過点?

AKB48研究生の光宗薫 AKBは単なる通過点?


11月24日公開の映画『女子カメラ』の完成披露記者発表会が9日、都内で行われ、AKB48の研究生、三宗薫、ファッションモデルの熊谷弥香、高山都、園ゆきよ、向井宗敏監督が出席した。

左から、熊谷弥香、光宗薫、高山都 拡大画像を見る

本作は、写真サークルに所属する女子大生4人組の友情と家族の絆を描くハートフルドラマ。主演は、AKB48の研究生でありながらテレビドラマやCMなどにも出演して話題を集めている光宗薫で、光宗の親友役に、ファッションモデルの熊谷弥香や高山都、新人の園ゆきよなどフレッシュな顔触れが揃う。

光宗は「最初にこの話をいただいた時に話題が先行すると感じました。その中でいかにそう思っている方の期待を裏切ることができればと頑張りました」と語るも、「AKBのダンスとは違い、演技はやればやるほど上手くなるものではないです。さじ加減や空気を読む力が難しいと感じました」と謙そんした。そんな光宗に向井監督は「光宗さんから『初めてですのでご指導下さい』と言われましたが、勘も集中力も凄かった。光宗さんがみんなを引っ張ってくれてやりやすかったです」と絶賛した。

会見後には報道陣の取材に応じ、AKB48の研究生について触れられた光宗は「AKBに入りたくて今までの活動をしてきた訳ではありません。それ(AKB48のメンバーという肩書き)を得てから、色んなお仕事をいただいて有難いんですけど、その反面に縛られることも多いので、早く上がりたいですね」と強気発言。「高い壁になっていますが、そこは自分の実力で越えていければと思います」と自らの力で昇格することを宣言し、8月27日に卒業する前田敦子なき後のAKB48については「ショックですが、何かしらの形で変わっていくと思います」と予想しつつ、「その変化を利用し、自分のやりたいことができる立場に立つことができれば」と意気込んでいた。

-『マイナビニュース』より-

  1. 2012/10/26(金) 19:31:17|
  2. AKB 光宗 薫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AKB48光宗薫 活動辞退を発表

AKB48光宗薫 活動辞退を発表



AKB48の光宗薫が24日、体調不良のためAKB48の活動を辞退することを、公式ブログで発表した。光宗は、8月の東京ドーム公演や握手会なども体調不良を理由に欠席していた。

AKB48公式ブログで、AKB48の活動を辞退すると発表した光宗薫(映画『女子カメラ』の完成披露記者発表会より)

AKB48公式ブログで光宗は、「今回突然ではありますが、AKB48を辞退させていただきます」と報告。その経緯を「自分自身以前から体調が優れず、自分の思う万全の状態で皆さんの前に立つ事が難しくなり、このままでは周りの方にご迷惑をかけてしまう事はもちろん、自分への負担も大きくなってゆくのを感じ、辞退させていただくことを申し入れました」と説明した。

また、「スタッフのみなさんからは、『まずはゆっくり体調を治してからでいいから』と励ましていただきましたが、だからこそ、体調を万全にするためにも、今はAKBの活動も辞めることが自分にとってはいいのではないか、と思いました」と胸中を告白。この大きな決断に至るまでに、スタッフと何度も相談を重ねたという光宗は、「最終的には自分の意見を尊重していただきました」としながらも、「今、このご報告をすることで、ファンの方に限らずメンバーの皆さん、支えてくださっている皆さんに悲しい思いやあらためて、ご迷惑をかけてしまっているかと思います。申し訳ありません」と謝罪のコメントを残している。

ファンに向けては、「ですが、AKBのメンバーでなくなってしまったとしても、今後も別の形で皆さんの前に立つ事ができる様、まずは体調を万全にしてベストコンディションになれるよう養生しますので、それまで待っていていただけると心からうれしく思います」と語りかけ、「私を仲間に入れてくださって、本当にありがとうございました。またいつか必ずどこかでお目にかかれますように」と締めくくった。

光宗薫は、2011年に13期研究生としてAKB48に加入。その翌年の8月に行われた東京ドーム公演でチームKへの昇格が決まっていたが、体調不良が原因で欠席し、その後の握手会やイベントなどでも欠席が続いていた。


-『マイナビニュース』より-

  1. 2012/10/26(金) 19:28:03|
  2. AKB 光宗 薫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
田村まみ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。